バスツアーの温泉旅行で、共同浴場を利用するときには、入浴料を支払います。近くの売店で入浴券を買います。

初めての海外旅行などはツアーで
初めての海外旅行などはツアーで

バスツアーの温泉旅行で入浴料の支払い方

最近は銭湯が減ってきているということです。昔は集合住宅といいますとアパート、文化住宅が多かったです。トイレと台所が個別についていればかなり豪華で、通常は共同トイレ、共同台所ということが多かったということです。お風呂については共同もありませんから、近くの銭湯に行く必要があるということです。そのために、銭湯の需要もあったということです。ワンルームマンションが増えてくれば風呂がありますから、その需要が減ります。
銭湯において入浴料の支払い方法は、番台にお金を支払うということになります。先に支払うことが多かったと思います。風呂上がりにコーヒー牛乳を飲む時は、別途支払いをするということになります。最近のスーパー銭湯タイプでは、番台式はほとんどないでしょう。こちらでは入口でチケットを購入する仕組みになっています。それを入浴する入口などで渡すということです。休みの日になると、利用者が増えることになります。そうでないとさばけないのでしょう。
バスツアーの温泉旅行において、共同浴場を利用することがあります。この時の入浴料の支払い方法です。まず、そちらの街における制度を知ります。旅館に泊まっていれば、入浴手形をもらって、そちらで入ることができる場合があります。一方入浴のみという時は、支払いをします。無人という時は、お金をそのまま料金ポストに入れることがあります。また、チケットを売店などで購入して、そちらを入れるということもあります。

Copyright (C)2017初めての海外旅行などはツアーで.All rights reserved.